#和歌山県

和歌山県紀の川市粉河寺 『千手堂から粉河産土神社』

粉河寺の最後となる今回は本堂左の千手堂の右から粉河産土神社方向を見ていきます。 千手堂の右奥が赤い鳥居が「粉河産土神社」 鳥居に続く石段の左に行者堂の案内、まずはそちらに向かいます。 石段左の小路を進み行者堂へ。 先が見えない道はどれだけ歩く…

和歌山県紀の川市粉河寺 『中門から本堂』

粉河寺(4/5)の今回は中門から本堂の伽藍を見ていきます。 盥漱盤から先の石段、その先の中門。入母屋瓦葺きの三間二戸の楼門で軒の出と高さのバランスが良く威風堂々とした佇まいをしています。左右の間に四天王像を安置しています。 中門棟札には明和年間(1…

和歌山県紀の川市粉河 『大門から太子堂』

粉河寺(3/5)今回は大門から中門までの伽藍を見ていきます。 「大門」重要文化財指定。 入母屋瓦葺の二層の楼門で左右に金剛力士像が安置されています。 鬼瓦に1707年(宝永4)の刻銘が残る事から建立はその頃ではないかとされます。 上層の斗栱に雲肘木と尾捶…

和歌山県紀の川市粉河 『善光寺』『蛭子社』

前回掲載した『大神社』から大門に向け参道を進む。 朱色で彩られた二層の粉河寺「大門」が間近に迫り、両脇の金剛力士の姿もはっきり見えてきます。大門の左右に二つの寺社『善光寺』と『蛭子神社』が鎮座しています。 大門の左に鎮座する瓦葺寄棟造の『善…

和歌山県紀の川市粉河 『大神社』

和歌山県紀の川市粉河 『大神社』 粉河寺大門の「とんまか通り」と呼ばれる参道沿い、そこに聳える大きな楠木に包まれて大神社は鎮座します。すぐ東は秋葉山、以前は猿岡山と呼ばれ、天正15年(1587)藤堂高虎が築城した猿岡城址(粉河城)も近い。(現在は碑のみ…

『紀伊東照宮』

和歌山市和歌浦西2丁目「紀州東照宮」 和歌の浦湾を望む雑賀山の頂に鎮座し、徳川家康を神格化した東照大権現と紀州藩初代藩主徳川頼宣を神格化した南龍大神を祀る神社。この地方の紀三井寺、和歌浦天満宮、紀州東照宮の3ヵ所は急な石段で有名、三社合わせ…

西国三十三所第2番札所 『紀三井寺』

2020/06/26一泊二日で和歌山県の一之宮を訪れてきました。ここは和歌山市紀三井寺1201「紀三井寺」の鎮座地。 古くから信仰を集めてきた紀三井寺、石畳が続く参道は門前町の趣が漂います。 紀州徳川家代々の藩主から庶民まで、多くの人が祈願に訪れてきた紀…

「紀伊國一之宮 伊太祁曾神社」

和歌山県和歌山市伊太祈曽 『伊太祈曽神社』の社頭を目の前にしてローカル線の遮断機が下りるとはなんて不幸な、運転主は内心そう思っていた。 踏切の左に「わかやま電鉄貴志川線」の「伊太祈曽」駅があり神社の社名がそのまま駅名になっている。 姿を現した…

紀伊國一之宮 日前神宮・國懸神宮

紀伊國一之宮 日前神宮紀の川が作った和歌山平野、紀伊國一之宮は和歌山市の秋月に鎮座します。和歌山電鉄貴志川線「日前宮」駅から徒歩で2~3分あれば、県道138号線沿いに鎮座する紀伊國一之宮の社頭に辿り着けます。 県道の北側に社頭があり、道沿いに日前…