#愛知県

守山区瀬古東の『小社』

守山区瀬古東の『小社』 矢田川堤の右岸を下流に向かい進む。 矢田川に架かる下街道の三階橋を超え徒歩5分程歩きます。 堤から見る矢田川河川敷は若い緑が鮮やかで、流れもとても穏やかな表情をしている。 風も心地よく絶好の散歩日和。 堤の右手の法面の下…

堀ノ内町「神明神社」

神領銅鐸出土地のある貴船神社から北西方向へ徒歩で10分、道すがらに神領銅鐸を保管するという瑞雲寺、その先の高御堂古墳を左に見ながら「堀ノ内町表」の交差点へ。 交差点を右折し県道75号線を道なりに進むと左手に石鳥居と赤い鳥居が見えてきます。 春日…

「天王社」名古屋市守山区幸心

名古屋市守山区幸心「天王社」JR中央線「新守山」駅から北に徒歩15分の位置にあたり、JRのアンダーパスを超え西へ。小さな用水路沿いを右へ進みます。宝勝寺西天王社から徒歩だと北に30分程の場所になります。因みにこのまま西に進んで国道19号線を越えた右…

春日井市神領町『貴船神社』

春日井市神領町1『貴船神社』神領町の『三明神社』の前の通りを​南へ5分程​歩きます。やがて左手の保育園を通り過ぎると小学校が正面に現れ、道はそこから右に続きます。 右手の角地に舗装された保育園の駐車場、その先の小さな杜が目的地「貴船神社」。周…

『三明神社』

春日井市神領町『三明神社』 県道15号線志段味中学校西の交差点を左折、県道75号線(春日井長久手線)を経由し下志段味橋を渡ります。 庄内川を超え春日井市に入り神領町南の交差点を左折、一筋目を左に入ると杜が視界に入ると思います、その杜が神領町の「三…

「天王社」守山区鳥羽見1

守山区町北 1 『天王社』から瀬戸街道を南へ。 矢田川橋の手前から右に堤防道路を矢田川下流に向け歩きます。 矢田川に架かる矢田川橋、並行して瀬戸電の矢田川橋梁が架かっています。ちょっと前までは矢田川の流れと岸辺の緑、そこに赤い電車がゆっくり〃通…

南区菊住「秋葉神社」

名古屋市南区菊住 『秋葉神社』 山崎川に架かる新瑞橋を南に渡り山崎川左岸の堤防道路が続きます。この道路沿いには、それこそ各町内毎にお祀りしたの?と思うくらい秋葉神社が点在します。 菊住の『秋葉神社』もそう感じさせる一つ。 神社付近の上流方向の新…

「天王社」守山区町北1

前回記載した町北の『天王社』から、矢田橋方向の瀬戸街道に向かう。 上の写真で見てもらうと、右上に町北の天王社、手前の角地に小さな杜が視界に入ります。 守山区町北1の『天王社』になります。 現在の瀬戸街道は手前に真っすぐ続きますが、嘗ての瀬戸街…

「天王社」守山区町北

名古屋市守山区町北 『天王社』 名鉄瀬戸線「守山自衛隊前」で降車し、瀬戸街道に出ます。そこから左の矢田川方向に戻ります。 瀬戸街道を北町辺りまで来ると、昭和の商店街の名残を感じさせる一画とその左に鳥居が視界に入る。 北町「天王社」が今回の目的…

「秋葉神社」 志段味西新外

守山区大字下志段味西新外 「秋葉神社」龍泉寺方面から県道15号線「志段味中学校西」交差点を左折、県道75号線の下り坂を1~2分ばかり春日井方向へ進む。 左手の消防団詰所で左折すれば西新外の「秋葉神社」到着です。詰所の敷地に隣接する形で西向きに社…

『八王子神社』瀬戸市瀬戸市共栄通5-66

名鉄瀬戸線「水野」駅から南に15分程。 名古屋方面から車だと、国道363号線で矢田川(赤津川)に架かる本地橋を渡ってしばらくすると緩やかな登りとなります。 東寺山町の交差点を左折、北方向に2~3分走れば「八王子神社」です。 一之鳥居前に曹洞宗慶昌院が…

『天王社』名古屋市守山区大字下志段味

名古屋市守山区大字下志段味字長戸 「天王社」60年代には田畑が一面に広がっていたこの辺り。片側1車線の流れの悪い一本道の印象が強かった。 それも高速の建設や県道15号線の拡幅、近年では守山スマートICの整備などが進み、大型スーパーの建設計画もあり今…

美濃池町『八王子神社』

宝生寺の北を流れる赤津川(矢田川)を渡り、右岸の堤防道路を上流に向け進んで行きます。 堤から見る赤津川、河原は意外に広いけれど水面は意外に高いところを流れています。 長年の土砂の堆積で川底は結構上がっているようです。 堤を進むと水無瀬川という小…

『尾張ゑびす大黒社』

宝生寺境内の一画に鎮座する「尾張ゑびす大黒社」 以前記載した「秋葉三尺坊大権現・御嶽神社・笠松と権道路」の参道の突き当りになります。 境内入口には数台駐車余地はありますが、車は宝生寺参拝駐車場をお勧めします。 社頭右に「尾張ゑびす大黒社」社標…

『秋葉三尺坊大権現・御嶽神社・笠松と権道路』

宝生寺 『秋葉社・御嶽神社・笠松と権道路』 宝生寺の東に写真の様な宝生寺尾張えびすの案内板が掲げられています。こちらを右折し桜並木の続く坂を上っていくと秋葉社、御嶽神社、尾張えびす大黒社方向に続きます。 この道は宝生寺の参道、南に緩やかに上る…

佛法山 宝生寺

瀬戸市駒前町171本地大塚古墳南側の通りの光景です。 近くに「本地会館」停留所があり、瀬戸市コミュニティーバスが運行されているようです。バス路線がある事を初めて知りました。 この辺りから南を見れば小高い丘が迫り、その中ほどに大きなお寺さんが見え…

「本地大塚古墳」

本地城址から東へ2~3分​、徒歩でも5分程あれば「本地大塚古墳」です。 北を流れる赤津川の左岸に当たり、肥沃な土壌に恵まれた田畑が広がります。 田畑の間を走る細い通りに写真のような案内板があり、こちらを目印にするか、保育園を目標にすれば古墳への…

『本地城址』楠木の下に佇む津島神社

瀬戸市西本地町2丁目 西本地の「八幡社」から緩やかに上る農道を南へ、田畑の中を東西に横切る国道363号線を超え、田園地帯の集落の中に『本地城址』があります。 周囲はこうした風景が広がり、田畑の中に集落が点在します。その集落の中の小さな森が『本地…

「八幡社」

解放感のある田園風景が広がる、ここは瀬戸市西本地町。 以前は身近にあった懐かしい光景はここには残っています。 田畑は随分と姿を消し、大型スーパーが建ち、田畑の造成も進んでいるようですが、まだまだ田舎の風情を留めています。ひと昔前の田んぼは一…

例年と変わらず桜は咲いている

今日から四月 普段の年なら春を告げる桜だよりが飛び交い花見で賑わい、会社の中では初々しい新人さんを見かける時期になりました 今年は状況がちと違う毎日暗い情報ばかり、酒蔵開きも、ウオーキングイベント、歓迎会も悉く中止が相次ぐ、この状況を見れば…

「神明社・八幡社 合殿(杉ノ宮」

名古屋市北区中杉町『杉ノ宮神社』 八王子春日神社が鎮座する北区清水の上街道から東へ5分程に鎮座する神社。 上街道から少し外れると一方通行ばかりの狭い道が迷路のように続く、そこに密集して住居が立ち並ぶ。 大きな車でこちらを訪れようなどと間違って…

【白山神社】守山小幡の鎮守は古墳の上に鎮座する

名鉄瀬戸線「瓢箪山」駅で下車。 瀬戸街道沿いに東の小幡駅方向へ歩く事5分程。 市バス「小幡宮前」バス停、名前からしてお宮さんがあるぞと語っています。 分かりやすいネーミングだこと。 バス停のその先に小幡白山神社の看板が見えてきます。 そこから左…

『大聖山 安栄寺』

兒子八幡社から上街道沿いに北に歩きます。 玉垣が途切れたらそこが『曹洞宗 大聖山 安栄寺』 兒子八幡社の北隣に位置します。 安栄寺山門 随分の年月を経た「不動明王」と彫られた一対の常夜灯に目が行きます。 竿には「キヨス本町 柴山藤蔵」と彫られてい…

「天王社」名古屋市守山区喜多山

名古屋市守山区喜多山1-1「慶生壽龍神」から瀬戸街道を15分程東へ向かいます。 瀬戸街道を横切る名鉄瀬戸線(瀬戸電)の踏切が現れます。 運悪く上下線が通過するタイミングだと結構長く感じるかも知れません、この光景は昔のままです。 慶生壽龍神からここま…

sakura watch 曹洞宗 寿昌山 大永寺

少し暖かくなるとこの時期はsakuraを探しにふらふらと出歩くことが多くなります。3月15日、守山区にある寿昌山大永寺の桜を見に行ってきました。ここは山門脇に植えられた桜が満開になると山門に彩りを添え見事な趣を演出してくれます。 2017/3/26に訪れた時…

『兒子八幡社』

名古屋市北区志賀町 「経王大菩薩」から上街道を5分程北へ進むと、堀川に架かる「くろかわはし」に行き着きます。いかにも冬らしい寒々とした光景ですが、堤の桜が咲き出すと一気に華やいだ表情に変貌します。ここから目と鼻の先の志賀橋交差点を左へ進みま…

『香積院』枝垂桜咲き始める

「香積院」昼頃まで降り続いた春の雨も午後には降りやみ、名古屋市昭和区川名山町まで出かけてきました。 今日の主役は西村公朝作監修による天井画や一葉観音像でもありません。境内に咲く樹齢100年を超える「しだれ桜」が主役です。 この時期になると山門先…

名古屋市守山区小幡1 「慶生壽龍神」

小幡中の「天王社」から東に向かいます。 道はやがて県道15号線(名古屋多治見線)にぶつかるのでそこは右へ、その先の瀬戸街道方向に向かいます。 名鉄瀬戸線の小幡北口ターミナルが見えてきたら、その前を左右に延びる道が瀬戸街道です。 瀬戸街道を左に進み…

名古屋市北区清水『経王大菩薩』

「八王子神社 春日神社」から上街道を清水北公園の西側あたりまで5分程北上します。 交差点の左角に赤い鳥居が見えてきます。この道を更に進めばその先は堀川です。 今歩いて来た道を振り返ってみます。この界隈は徒歩が一番。車で訪れ、一度道を間違えると…

訪ねた先の天王社は今はなく

あの日から9年 今年は別の騒ぎで忘れられたかのようにも思えるけれど、けっして忘れてはならない明日の我が身と捉え、あの日を振り返り、今を見つめて将来に備える。 毎年この日はそういう日だと思っています。 緊急車両のコンディションと装備の点検を済ま…